• Ohsaka

コロナ後遺症に対する施術内容

9月になりました。


コロナ感染者数はいまだに高い状況が続いています。

感染しないための予防はもちろんですが、かかってしまった後のケアというのも重要です。

現在は「コロナ後遺症」というものに悩まされている方も多く見受けられます。


コロナ後遺症には、倦怠感、息切れ・動悸、嗅覚障害や味覚障害、頭痛、鬱などの精神症状、脱毛など様々なものが挙げれらるようです。


私自身もコロナウイルスに感染し、味覚障害などの症状を呈していました。

現在は改善して、支障なく過ごしております。


コロナ後遺症の原因としては諸説ありますが、個人的には以下の内容を重要視しています。


・大前提として、ウイルスが体内に残存している(宿主内持続感染)

・ウイルスの中枢神経系への侵入により神経炎症が起きている

・上記により長期的に神経変性および精神症状を引き起こしている


したがって、当院では端的に言えば


1.体内に残存しているウイルスを体外へ排出するため、静脈やリンパの流れを促通する

2.静脈やリンパの流れを停滞させる筋肉や内臓などの器官系を緩める

3.静脈やリンパの流れの質を高める、かつ、自律神経を正常化するため神経系を整える


といった施術を行い、後遺症の改善を目指していきます。



体内に残ったウイルスを除去するためには、静脈やリンパの流れが必要になります。

そのため、血液や体液がしっかりと流れるように身体の組織を整えて流れる経路を確保していきます。


また、自律神経系は呼吸器と密接な関わりがあるため、横隔膜や胸郭にアプローチして呼吸状態を整え、自律神経系の緊張を改善していきます。


さらに頭蓋を施術し、頭の中から全身を含めて体液の流れと自律神経系を調節し、副交感神経を優位にして身体の回復力を高めます。



もちろん個人によって原因は様々なので、個々に応じた施術をさせていただきます。




身体の内側から治癒力を引き出していくことが、コロナウイルスに感染した後も不安なく過ごすための秘訣だと思います。

そのため、自分のできることはしっかりと提供していきたいと思います。


コロナ後遺症で悩んでいる方がいましたら、是非一度ご相談ください(^^)

閲覧数:30回0件のコメント

最新記事

すべて表示